KnoNの学び部屋

落ち着きのない大学院生が専攻に関係ない(むしろそっちのけで)学んだコトを記録しておく場所

談話と対話 その5(終)

このシリーズはあんまりうまくいかなかった。見切り発車反省。

 

引き続き

談話と対話 (言語と計算)(石崎雅人ほか、2001)

解説:語用論と計算的アプローチ(辻井潤一)

をやるつもりでしたが……やりません!

 

内容を改めて確認してみたところ、

  • スキップした第5章、第6章
  • (あまり踏み込まなかった)形式化の意義

に多くのページが割かれており、自分の求める内容にはそぐわないと判断しました。

 

全体の内容も十分に理解できているとは言えませんが、あまり一つのテキストに拘泥するのもよくないらしいので、ここは一旦終わりにして次に行こうと思います。

ホント、このシリーズは全然見込み通りに進まなかった……。

 

それでは

 

KnoN

 

談話と対話 (言語と計算)

談話と対話 (言語と計算)